研修の魅力

研修の魅力

豊見城中央病院は沖縄県南部の豊見城市に位置する地域医療支援病院であり、100名以上の医師をはじめ、総勢1000名を超すスタッフ体制で沖縄県内の患者に広く最先端の医療を提供し続けています。当院の新規入院患者は毎月1000名以上で、そのうち救急搬送されてくる患者も毎月400名近くに上り、臨床研修のメッカである沖縄県においても、最も多くの患者が集まる病院の一つとなっております。

圧倒的な指導医数

圧倒的な指導医数

豊見城中央病院での研修の最も大きな魅力は、その圧倒的な指導医数の多さにあると言えます。内科、外科系合わせて100名以上の医師を擁しており、すべての診療科において、その道のスペシャリストの医師達が高度な専門医療を日々提供しています。また医師だけでなく看護師やコメディカルにおいても、数多くの専門資格を取得したスタッフを有しており、各診療科におけるサポート体制も充実しております。医師だけでなく病院全体で教育には熱心に取り組んでおり、当院に在籍する100名以上の医師、1000人を超えるスタッフが、必ずや研修医の皆さんの良き先生、良き同僚となる事となるでしょう。

ジェネラリストとスペシャリスト

ジェネラリストとスペシャリスト

臨床研修のプログラムでは、内科や外科のジェネラリストとしての経験を積むと同時に、心臓血管外科や脳神経外科、形成外科といった専門領域の研修を選択して履行する事ができる点も、豊見城中央病院の研修の大きな特徴の一つです。また当院では救急医療にも力を入れており、県内でも有数の救急患者の受け入れを行っている為、数多くの救急症例の経験を積む事もできます。また群星沖縄プログラムやRyuMICプログラムにおいて各種教育回診を受講できる他にも、当院内で開催される数多くのカンファレンスや勉強会にも参加する事ができる為、当院の臨床研修ではジェネラリストとスペシャリストの経験を同時に習得する事ができます。

診療科間の垣根の低さ

診療科間の垣根の低さ

診療科間の垣根の低さも豊見城中央病院の臨床研修の魅力の一つです。当院の医局は一つにまとまっているため、他科の先生へ気軽に相談できる環境にあります。また毎年、常に多くの臨床研修を受け入れている為、地域や大学間の偏りもなく開放的で、大学病院等の医局とは雰囲気が違うのも特筆すべき点の一つと言えます。