外科専門研修プログラム

外科専門研修プログラム

友愛医療センター外科専門研修プログラム

各臓器スタッフ、手術件数、日常カンファレンスなど当科の研修内容について、
詳しくはこちら

研修目標

世の中の高度なニーズに十分に対応できる外科医の育成をめざしています。
一流のスタッフのもとで豊富な症例を経験することで基本的知識と技能の習得、それを実践へ応用する能力の育成、さまざまな外科疾患へ対応する力量を養うことを目標としています。

研修の特徴

上下部消化管、肝胆膵・腎移植、呼吸器・甲状腺外科、乳腺外科、救急外科、化学療法、緩和医療、心臓血管外科などの診療グループに分けており、各スペシャリストのスタッフのもとで幅広い分野を学ぶことができます。
また、週に1度内科外科合同カンファレンスを行い診療の質の向上に努めております。
働き方改革にも対応し、後期研修医の労働時間を管理し過重労働にならないよう常に考慮した研修プログラムを作成しております。

研修内容

月から金まで毎日手術があります。土曜日も緊急手術や局所麻酔手術(CVポート造設、リンパ節生検など)を行うことがあります。

週間スケジュール

週間スケジュール表、検討

月曜日 ・9:00|手術
火曜日 ・7:30|術後カンファレンス
・9:00|手術
水曜日 ・9:00|手術
木曜日 ・7:30|術前カンファレンス
・9:00|手術
金曜日 ・7:30|消化器内科外科合同カンファレンス
・9:00|手術
土曜日 ・9:00|(手術)病棟業務、週休可

友愛医療センター 外科 資格

当院ではスタッフが多く幅広い分野の専門医がいます。

日本外科学会:専門医 11名
日本外科学会:指導医 4名
消化器外科学会:専門医 4名
消化器外科学会:指導医 3名
日本呼吸器外科学会:専門医 1名
日本胸部外科学会:認定医 1名
日本臨床腎移植学会:腎移植認定医 1名
日本移植学会:移植認定医 1名
日本乳癌学会:乳腺専門医 2名
日本乳癌学会:乳腺指導医 2名
日本救急医学会:認定医・専門医 1名
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医 4名
日本内分泌学会:内分泌外科学会専門医 1名
日本内視鏡外科学会:内視鏡外科技術認定医 1名
日本肝臓学会:肝臓専門医 1名
日本外科学会:専門医 11名
日本外科学会:指導医 4名
消化器外科学会:専門医 4名
消化器外科学会:指導医 3名
日本呼吸器外科学会:専門医 1名
日本胸部外科学会:認定医 1名
日本臨床腎移植学会:腎移植認定医 1名
日本移植学会:移植認定医 1名
日本乳癌学会:乳腺専門医 2名
日本乳癌学会:乳腺指導医 2名
日本救急医学会:認定医・専門医 1名
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医 4名
日本内分泌学会:内分泌外科学会専門医 1名
日本内視鏡外科学会:内視鏡外科技術認定医 1名
日本肝臓学会:肝臓専門医 1名

研修カリキュラム

カリキュラム例1

カリキュラム例1

・基幹病院での研修は2年間とする
・沖縄県内の琉球大学病院での研修が可能
・琉球大学病院以外の施設での研修は最長9ヶ月とする(1施設3ヶ月以上)

カリキュラム例2

カリキュラム例2

・基幹病院での研修は1年9ヶ月間とする
・沖縄県内の琉球大学病院での研修が可能
・琉球大学病院以外の施設での研修は最長12ヶ月とする(1施設3ヶ月以上)

カリキュラム例3

カリキュラム例3

・基幹病院での研修は1年6ヶ月間とする
・沖縄県内の琉球大学病院での研修が可能
・琉球大学病院以外の施設での研修は最長12ヶ月とする(1施設3ヶ月以上)

後期研修医の声

卒後5年目、外科後期研修3年目 K. N 医師

友愛医療センターでの外科プログラムにおいて、外傷症例含め多彩かつ数多くの症例を経験し、外科専門医に必要な症例も後期研修3年間の2年目で達成できました。
また頚部領域、胸部領域、腹部領域等さまざまなケースでのトラブルシューティングも学ぶことができ、実際に救命できた様々な症例を経験できました。
これも一重に経験豊かな指導医の先生方にご指導頂けたからに他なりません。
本当にありがとうございました。

卒後5年目、後期研修 3年目 K. H 医師

友愛医療センターでの外科研修は、幅広い研修内容となっており充実しています。
消化器外科手術として、大腸、肝胆膵の手術が豊富であり、さらに去年からは全国的にご高名な二宮基樹先生が着任されたため胃癌の手術症例も増えてきています。
また救急外傷外科領域から、腎移植手術症例まで、幅広い領域を経験しその上手厚い指導を受けることができ、非常に満足しております。

専攻医のみなさんへ

プログラム統括責任者 前濱俊之

外科責任者 副院長 仲地厚

友愛医療センター外科専門研修プログラムにおいて、専攻医が習得すべき外科領域全般の基本的な診療から臓器領域の専門的な疾患治療にいたるまで、専攻医に必要な実践的な能力を身につけることができます。
術前術後カンファランス、外科内科合同カンファランス、病理カンファランスを通して標準治療やEBMに基づく治療の習得を目標とします。
沖縄県で随一の高いレベルの外科手術を提供すること、そして腹部救急疾患において多くの患者を救うことを第一に、そしてそれらの症例を精鋭の若手外科医とともに経験できるようにプログラムを作成しています。
一度見学に来てください。お待ちしています。