レビトラ

数あるED治療薬の中でも、即効性があると言われる「レビトラ」に興味はあるけど、実際にどのような買おうかがあり、どのようなリスクがあるかはもちろん、そもそもどうやって購入するのすらわからないという方も多いはずです。

実のところレビトラは、最寄りの薬局などでは購入することができず、海外通販(個人輸入)もしくはオンラインクリニックを通して入手するしかないのですが、誤った手順・方法で入手すると非常に危険なため、安心して安全に購入できる方法を知っておく必要があります。

そこで今回は、レビトラとはどんな特徴を持つED治療薬でどの超な点に注して購入・入手する必要があるのかなどに加え、レビトラを通販で安全に購入できるオンラインクリニックを紹介したいと思います。

海外通販(個人輸入)はNG?レビトラを安心・安全に購入できるオンラインクリニックを公開

レビトラを通販できるオンラインクリニックを紹介する前に、そもそもレビトラとはどういう薬品でどういった効能や注意点があるのかなど、レビトラ通販で購入・入手・使用する前に知っておくべき、基礎的な知識をまとめておきましょう。

レビトラとは即効性に優れるED治療薬

レビトラは、2004年にドイツのバイエル薬品からバイアグラに次いで発売された第二のED治療薬で、勃起不全の解消・緩和や勃起状態の維持による中折れの解消などといった効果が期待されていて、効果の発現時間が早く即効性に優れ勃起の硬度も強いほか、食事の影響を受けにくく効果持続時間が10mg錠で約5時間、20mg錠で約8時間と長いのが特徴です。

一時はバイアグラより高い人気と支持を博していましたが、ドイツの工場での生産体制が安定しなかったなどの理由から、先発薬であるレビトラの生産と販売は2021年に終了していますが、現在はレビトラと同成分で製造された「レビトラジェネリック」が国内外で販売されています。

レビトラの有効成分

レビトラ及びレビトラジェネリックの有効成分は、ED(陰茎の勃起発現や維持ができず満足に性交の行えない状態)の原因となるPDE5(ホスホジエステラーゼ・タイプ5)の働きを阻害してED症状を改善する、「バルデナフィル塩酸塩水和物」と呼ばれる医薬成分です。

性的興奮が高まったり陰茎に直接刺激が加わったりすると、平滑筋を緩め陰茎海綿体に血流が多く流入させる「cGMP(サイクリックGMP)」が活性化し、勃起という状態が発現します。

そして、射精などによって性的興奮が収まると、PDE5という酵素がcGMPを分解して勃起が鎮まるというサイクルを繰り返すのですが、EDはこのPDE5が優位になってしまうことで起こる病気ですが、バルデナフィル塩酸塩水和物にはPDE5の働きを弱めEDを改善する効果があるのです。

そのため、レビトラやレビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物や、バイアグラやシアリスの有効成分である「シルデナフィルクエン酸塩」「タダラフィル」は、まとめてPDE5阻害剤と呼ばれることもあります。

なお、レビトラ及びそのジェネリックは即効性が高く強い勃起力が特徴ですが、その分頭痛・顔の火照り・鼻づまり・消化不良・腹痛などの副作用が現れやすい面もあるため、用法用量には十分留意しましょう。

レビトラの海外通販や個人輸入が危険だと言われる理由

前述いたとおり、レビトラは現在すでに販売を終了しており国内はおろか海外でも入手することは困難ですが、同じ有効成分でできており同様の効果を持つレビトラジェネリックの「バルデナフィル10mg錠20mg錠」であれば、海外通販(個人輸入)あるいはオンラインクリニックにて処方を受け購入することは可能です。

ただ、ED治療薬を購入したということを公にはしにくい患者の心理を逆手に取って、レビトラ・バイアグラ・シアリスといったED治療薬の「偽薬」を売りつける悪質な海外業者が暗躍しており、国内でED治療薬を製造・販売している製薬会社4社が2016年に行った調査によると、インターネットで入手できるED治療薬の約4割が偽薬・偽造品だと報告されています。

偽薬は精巧に作られていて素人に正規品と見分けることは困難なので、確実にレビトラ・レビトラジェネリックの正規品を手に入れたいのであれば海外通販や個人輸入はやめておいた方が無難です。

実際に危険だと国も発表している

海外通販や個人輸入で偽薬をつかまされそれを飲用した時はもちろん、例えそれが本当にED治療薬として効果を期待できる医薬品だったとしても、成分が国内で承認されていないケースや製造元がわからない薬品のなかには、不衛生な環境で作られている薬品が混じっている可能性もあり、効果が不十分であるぐらいで済めばまだしも、重度な副作用が発生したり予期せぬ健康被害につながることも考えられます。

また、海外からの通販購入や個人輸入は医師の処方を基にした購入ではないため、万が一健康被害y副作用が出た際に適切に対処できません。

そのため、国や厚生労働省も以下のような特設サイトを開設し、医薬品の個人輸入や海外通販の危険性を伝えるなど注意喚起しています。

「あやしいヤクブツ連絡ネット」医薬品等を海外から購入しようとされる方へ:厚生労働省 引用:海外から医薬品等を日本国内へ持ち帰るという個人輸入のケースもありますが、近年、インターネットの普及により、海外で流通している医薬品等を個人輸入するケースが増えています。 インターネット上には、日本で承認されていない海外医薬品等も販売されています。 今、見ているサイトはどこの国で運営されている通販サイトなのか、はたまた個人輸入代行サイトなのか、個人輸入による健康被害やトラブルにあうことがないように注意が必要です。 その為には、個人輸入のルールを知り、健康被害などの情報を入手して、そのリスク(危険性)と必要性をよく考えなくてはなりません。

レビトラとそのジェネリック品は安心安全なオンライン診療を通して購入しよう!

レビトラ・レビトラジェネリックを服用し万が一健康被害や副作用が出た際迅速かつ適切に対処するには、医師の診察と薬の効果・用法・用量・注意点などに関する説明と指導をしっかり受けたのち、出された処方箋に従って購入するのが最も安全で安心なレビトラ・レビトラジェネリックの購入・入手方法となります。

しかし、レビトラ・レビトラジェネリックが勃起不全・ED 治療薬であるという性質上、「受診を知られたくない」「顔を見られず入手したい」という方も多いはずで、それが個人輸入や海外通販によってレビトラ・レビトラジェネリックを購入しようとする方が減らず、被害を憂慮した国や厚生労働省が注意喚起を行った理由です。

とは言え近年では、EDやAGAなど男性特有の悩みや病気を治療している医院やクリニックの中には、非対面式で誰にも直接顔を合わせることなく自宅などにいたままオンラインで診療受け、医師が出した処方のもとオンラインにてレビトラ・レビトラジェネリックを通販購入できるところも増えてきました。

こういった、ネットを活用した非対面式の診療と処方にて、レビトラ・レビトラジェネリックを購入できるオンラインクリニックは患者のプライバシー保護を徹底しており、家族やパートナーにもED治療薬の購入・入手を知られないよう、梱包・発送の方法にも気を配ってくれますし、個人輸入や海外通販より素早く確実にレビトラやレビトラジェネリックをゲットできます。

ですので、安心・安全・確実・迅速にレビトラやレビトラジェネリックを購入したいのであれば、個人輸入や海外通販より断然オンラインクリニックを通じての通販購入がおすすめになります。

自宅いたまま誰とも会わずに購入可能!レビトラ通販購入できるオンラインクリニック6選

ここからはいよいよ、非対面・非接触で誰にも知られることなく、レビトラを安心確実に通販購入できるオンラインクリニックを、下記の通り7か所厳選して紹介します。

クリニック名 診察料 配送料 国産・レビトラジェネリック10mg 国産・レビトラジェネリック20mg 海外産・レビトラジェネリック10mg 海外産・レビトラジェネリック20mg
DMMオンラインクリニック 無料 550円 1.298円 1.408円 取り扱い無し 取り扱い無し
メンズプライドクリニックMITA 診察(初診・再診)無料 レターパックライト(370円)またはレターパック(570円)※薬代10,000円以上の場合の通常配送料金が無料 1.300円 1.600円 1.100円 1.300円
ユニティクリニック 無料 要問合せ 1,290円 1.490円 950円 1.350円
池袋スカイクリニック 無料 要問合せ 1.190円 1.290円 取り扱い無し 取り扱い無し
フィットクリニック 無料 要問合せ 取り扱い無し 取り扱い無し 900円 1.200円
クリニックフォア 1.650円 550円 1.650円 1.760円 取り扱い無し 取り扱い無し

DMMオンラインクリニック

メンズプライドクリニックMITA

ユニティクリニック

池袋スカイクリニック

フィットクリニック

クリニックフォア

すきま時間でさっと診療しレビトラが買えるDMMオンラインクリニック

クリニック名 DMMオンラインクリニック
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:1.298円 国産・レビトラジェネリック20mg:1.408円 海外産・レビトラジェネリック10mg:取り扱いなし 海外産・レビトラジェネリック20mg:取り扱いなし
初診料 無料
送料 550円
実店舗の有無 なし
診察時間・休診日 24時間対応(年末年始を除く)
公式HP https://clinic.dmm.com

最初に紹介する「DMMオンラインクリニック」は、インターネット関連ビジネスの国内最大手グループである、DMMグループが運営する診察から薬の処方までを全てオンライン上で完結できるプラットフォームサービスで、ED・AGA・FAGA・ピル処方・メディカルダイエットなど、どちらかと言えば人目を気にしながら治療を続ける疾病・症状のオンライン診療をメインに行っています。

土日診療可能で初診料が無料で最短即日配送であるほか、バイアグラ・シアリス・タダラフィルなど他のED治療薬もオンラインにて購入可能で、これらを組み合わせた「ED治療薬お試しセット」が数種類販売されていますし、まとめて購入することで1錠あたりの薬代がお得になる「まとめ買い」や「定期便」もあります

DMMオンラインクリニックのレビトラ購入の仕方を解説

次に、DMMオンラインクリニックにおいてレビトラ(レビトラジェネリック)を通販購入する方法・手順を。タイムラインに沿って紹介しておきます。

利用するオンラインクリニックが変わっても、レビトラやレビトラジェネリックを通販購入する基本的な流れはそれほど変わりませんので、是非参考にしてください。

なお、今回はDMMアカウントを持っていないものとして手順を紹介します。

診療予約
公式HPの「診療予約」ボタンをクリックし、予約したい科目(ED・早漏防止)や日時を選択する。
予約確定
「会員登録して日時確定する」を選択し、移動した画面にて個人情報を登録する。個人情報登録後、認証コードの確認が求められるので済ませ示される予約内容に間違えがないことを確認し、「予約する」ボタンを選択すればオンライン診療の予約確定。
オンライン診療を受診
予約時間前にマイページへログインし、診療前情報の入力が完了するとマイページTOPまたは診療一覧ページに表示されている「診療開始」ボタンがクリック可能となる。クリックすると、別画面でビデオツールが表示されるので、ビデオと音声をONにして医師のオンライン診察を受ける。
ED治療薬の処方
診察後、薬の処方と処方薬の用法・用量・注意点などに関する説明が行われる。
決済と発送
指示された方法と料金に従い決済を済ませれば、最短即日中にレビトラジェネリックが発送される。

DMMオンラインクリニックのデメリットとメリット

DMMオンラインクリニックのデメリットは、画面による顔色などの確認と細かい問診をするとはい、、症状や自分のその時の体調について実際に対面にて診療するときほどは詳細に伝わり切れず、副作用などがあった場合直ぐ院まで駆け付けられるわけではないため、ややアフターフォローに不安が残る点でしょう。

一方、誰にも会うことなく自宅にいたまま、リーズナブルかつスムーズにレビトラジェネリックという即効性と持続性のあるED治療薬を入手できるため、EDというデリケートな病気の治療を気軽に受けられるのが大きなメリットです。

なお、このDMMオンラインクリニックにおけるEDのオンライン診療、及びレビトラジェネリックの処方と購入に関するデメリットとメリットは、薬の料金や配送代、診察料や配送料と自宅に届くまでの配送方法や所要時間などに多少の違いはありますが、他のオンラインクリニックを利用した場合もほぼ同じだと考えていいでしょう。

ED治療薬に関する疑問や不安に真摯に答えてくれるメンズプライドクリニックMITA

クリニック名 メンズプライドクリニックMITA
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:1.300円 国産・レビトラジェネリック20mg:1.600円 海外産・レビトラジェネリック10mg:1.100円 海外産・レビトラジェネリック20mg:1.300円
初診料 無料
送料 レターパックライト(370円)またはレターパック(570円)※薬代10,000円以上の場合の通常配送料金が無料
実店舗の有無 あり:東京都港区芝5-32-3 林ビル7階
診察時間・休診日 11:00~20:00(休診:年末年始) ※日曜・祝日はオンライン診療のみ(前日20:00までの要予約)
公式HP Https://mensprideclinic.com

メンズプライドクリニックMITAは、東京港区に院を構えるED・AGA専門のクリニックです。

来院での通常診療は平日と土曜日になりますが、オンライン診療とレビトラやレビトラジェネリックの処方に関しては、完全予約制ではあるものの日曜・祝日も対応しているため、仕事などで忙しいという方でも気軽にED治療薬をゲットできます。

ユニティクリニックなら950円からレビトラジェネリックを購入可能

クリニック名 ユニティクリニック
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:1.290円 国産・レビトラジェネリック20mg:1.490円 海外産・レビトラジェネリック10mg:950円 海外産・レビトラジェネリック20mg:1.350円
初診料 0円
送料 要問合せ
実店舗の有無 あり:上野院・大宮院
診察時間・休診日 月曜~土曜  11:00~20:00 日曜日・祝日 10:00~17:00
公式HP https://unity-clinic.com

ユニティクリニックでは、国産・海外産レビトラジェネリックのほか、バイアグラ・シアリスの各ジェネリックやアバナフィル・ウデナフィルなども、オンライン診療と処方によって購入することができます。

診療に必要な時間は初診でも約5~10分程度、非接触であるのはもちろん希望すれば顔すら見せない電話(通話のみ)による男性医師との診察だけで、レビトラジェネリックを処方し即日発送してもらえるため、医師と顔を合わせるのにも抵抗があるという方におすすめです。

池袋スカイクリニックはレビトラジェネリック20㎎が1,290円

クリニック名 池袋スカイクリニック
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:1.190円 国産・レビトラジェネリック20mg:1.290円 海外産・レビトラジェネリック10mg:取り扱いなし 海外産・レビトラジェネリック20mg:取り扱いなし
初診料 無料
送料 要問合せ
実店舗の有無 あり:池袋院・新宿院
診察時間・休診日 平日・土曜は、AM 10:00 〜 PM 8:00 日曜・祝日は、AM 10:00 〜 PM 4:00
公式HP ttps://www.clinic-for-men.com

池袋スカイクリニックは、2009年の開院以来のべ40万人以上の治療実績を誇る、ED・勃起不全治療専門の男性クリニックです。

テレビ電話による遠隔治療つまりオンライン診察によるレビトラ・レビトラジェネリックの処方・販売を行っていて、予約・保険証や身分証の提示が不要なうえ、初再診料はもちろん再診も0円でかかる費用は薬代のみと、手軽かつリーズナブルにED治療に取り組めます。

海外製レビトラジェネリックが1000円以下でゲットできるフィットクリニック

クリニック名 フィットクリニック
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:取り扱い無し 国産・レビトラジェネリック20mg:取り扱い無し 海外産・レビトラジェネリック10mg:900円 海外産・レビトラジェネリック20mg:1.200円
初診料 無料
送料 要問合せ
実店舗の有無 あり:東京都渋谷区笹塚1-30-3 ビラージュ笹塚Ⅲ 5階
診察時間・休診日 平日・土曜 10:00~20:00 日・祝日 10:00~18:00
公式HP https://fit.clinic

フィットクリニックは、レビトラジェネリックやバイアグラ・シアリスなどのED治療薬のほか、AGAや性病治療薬にアフターピルまで、デリケートな悩みやトラブルなどを治療・緩和する様々な薬剤を、オンライン診療と処方を通して迅速かつリーズナブルに提供してくれるクリニックです。

初診からでもオンライン診療を受けられま、全国どこからでも利用することが可能ですが、副作用などが万が一発生した場合は、東京にある実店舗にて対応してもらうこともできます。

クリニックフォアはグループでの診療実績が200万件で安心感抜群

クリニック名 クリニックフォア
レビトラの価格 国産・レビトラジェネリック10mg:1.650円 国産・レビトラジェネリック20mg:1.760円 海外産・レビトラジェネリック10mg:取り扱いなし 海外産・レビトラジェネリック20mg:取り扱いなし
初診料 1.650円
送料 550円
実店舗の有無 あり:12院
診察時間・休診日 平日:09:30-14:30 / 16:00-21:00 土・日・祝日:09:00-13:00 / 14:00-18:00
公式HP https://www.clinicfor.life

クリニックフォアは、東京を中心に12院を構える中堅どころのクリニックグループで、「病院は時間がかかる」という概念を覆すべく、治療を始めたいと思った時すぐに予約して時間どおりに診てもらえる「スマートクリニック」を目指し、平日21時までの夜間診療や土日診療、いつでもどこでも治療を始められるオンライン診療などに力を入れています。

安心で安全な国産のレビトラジェネリックを、どなたでも初診から処方・即日発送してもらうことが可能で、3大ED治療薬であるレビトラ・バイアグラ・シアリスの各ジェネリックがセットになっていて、お得にそれぞれの効果を試すことができる「トライアルセット」が人気です。

レビトラを購入出来るオンラインクリニックに関するQ&A

レビトラをオンラインクリニックにて購入する際に受けるオンライン診察の段階で、陰茎を医師に見せることはあり得ますか?
いいえ。オンライン診療にしろ実店舗における対面診療にしろ、ED治療のカウンセリングや診察で陰茎部を医師などに見せる事は基本的にありません
オンライン診療・レビトラやレビトラジェネリック処方・購入といったED治療に健康保険は適用されるのですか?
いいえ、ED治療はすべて保険適用外なので、診察料・薬代などはすべて自己負担になります。やや治療費が高くつきますが、保険証を出す必要もないので誰にもバレず情報漏洩の心配もなく治療を受けられます。